3.28

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 01:40

今日倉敷から帰ってきた。

 

3月15日から作り始め公演が終わった昨日まで、12日間のことでした。森下での稽古3日目、17日の朝に危口さんの訃報が告げられ、それでも、その日も変わらず稽古をした。何を作るべきかわからない、手探りに、誰かが発案したら、手を止め話しを聞き、試し、模索し、発表し、話し合った。それだけを繰り返した。悲しみよりも公演を何としてもやらなくてはいけない衝動の方が強い、どんな時もみんなで笑っていた。

わたしはといえば、当初から蟹の脱皮に心をひかれ、舞台上で脱皮を繰り返す方法を考えたいと言っていた。しかしどんな方法がいいのか見つけられず、ぼんやりとした存在のまま稽古場に居た。愉くんのテキストに筒井さんが手を加えたテキストが仕上がった日、あ、わたしが蟹になればいいんだと気付いた。倉敷に向かう前日の事だった。

体操して脱皮を繰り返すだけの蟹、危口さんを憑依させる蟹、死に抗って負ける蟹、危口さんを探す蟹、何もしない蟹、いろんな蟹を試した。そして結果、ただ、祈った。何度も、脱皮をしながら、祈った。何を祈ったのかはわからない。ただ、祈る事だけをした。蟹だからそれができたんじゃないかと思う。蟹のわたしは人間のわたしより、少し彼の近くにいけたんじゃないかなと思っている。

どうでもよいエピソードをすると、倉敷にいる間、siriがものすごい頻繁に起動した。音楽を聞きたいのに全く聞かせてくれない。だからsiriに話しかけていた。「これでいいですか?」と聞くと「違います」と言われ、「こうしようと思うんだけど」と言うと「やめてください」と言われた。面白くてずっと話しかけていた。東京に戻ってからsiriは一度も起動しない。

それと、公演が終わった翌日の朝、みんなで危口さんの家にお焼香に訪れた。敬三さんのアトリエで危口さんが息を引き取った直後に書いたデッサンがあるから探してくれと頼まれ、みんなで探すがちっとも見つからない。「見られたくないんじゃないですかねぇ」と言うと「うん、見られとぉないんかもなぁ」と敬三さんが言った。絵の納品時間が近づく敬三さんの横で普段から絵を描く時に読んでいるというお経を読んだ。すると突然、カッとなった敬三さんがカツカツと部屋の隅に進み「あった!」と言った。そこには安らかな顔をして眠っている危口さんの顔があった。まるでお経を読んだらしぶしぶ出てきてくれたようで可笑しかった。

 

うまく、この公演に関して思い出したり、考察することができない。もう忘れてしまいそうだし、一生忘れないのではないかとも思う。そしてここから一生歩み続けるのではないかというような予感もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.18

  • 2017.03.20 Monday
  • 02:43

”今日は一日静かにゆっくり危口さんのことを思い出していた。いい思い出もたくさんあるが吹き出すようなどうしようもないものも多いむしろ多い。それも含めてわたしは彼のことが大好きでした。彼に会えたわたしは本当にラッキーです。危口さんありがとう。ありがとね。”


とツイッターに書いた。


では、もう少ししたら倉敷へ移動します。

『蟹と歩く』いま、興奮してるからきっといいものになると思う。お待ちしてますね。










危口さんとのよくわからない連写。なんだか不思議でお気に入りの写真です。

3.15

  • 2017.03.16 Thursday
  • 04:02

昨日のまとめ日記も書けてないのに今日の日記は書く。遡るの向いてない。

 

でもまずは、昨日の公演が終わって家に着いてからうれしかったことが二つ、あったのでその話し。

一つは、制作をしてくれたオンリーフリーペーパー荒木ちゃんにもらったお花の入った紙袋の底からお手紙が出てきた。

(あのね、うっかり気付かず捨てちゃう所だったからね、一言、言ってくれたらよかったのに。)

便箋3枚手書きでびっしりとこの公演にかける思い、そして、この作品が好きでわたしに演ってもらえて良かったっと、荒木さんの気持ちがいっぱいぎゅーっと詰まったとても素敵なお手紙で、うれしくうれしくて動けなくなってしまった。

それと、観に来てくださった相馬さんの日記が届いたこと。

こんなね、公演が終って、家に帰って、ご褒美みたいなことが起こるなんて、わたしに流れている時間や積み重ねたものが、間違えじゃなかったんだなと思え、救われました。

相馬さんはすごーく昔からお芝居見て頂いてるけど、今回は、2009年「五人姉妹」ぶり、らしいし、実はゆっくりお話ししたこともなかったかなと、思う。昨年末、笠木さん作・演出のラストソングス公演『再訪』で、とても久しぶりに「あ、相馬さん...(お久しぶりです)」って小さい声で言ったくらい。それが、先週、相馬さんの日記でわたしが登場したことに、まず驚いた、なぜ、わたしが??であり、そして、この日記は誰にも言ってなかったから、見られると、とても恥ずかしいという、更にこのあほっぽーい文章が相馬さんの日記に組み込まれ抜粋されると、更に浮き立ってあほっぽーい。てことに動揺した...。でも、しかし、しかし、うれしかった(うれしかったんです)。

それで公演に来て頂いて、終演後に会って、相馬さんの何が”いい”かと言うと、何も相馬さんは言ってないのに、目と耳がその場を切り取って日記にしているようで、言語化されていく、というんでしょうか、タイプライターの”パチパチパチパチ”という音がする。でも決して相馬さんは何も、言ってないのです。これはたぶん、スタンド名「diary」だ。こちらは相馬さんを前にすると、次々と文字起こしされていくようで、焦って勝手に余計なことを口走ったり、また口ごもったり、する。だけど実際、あの時、相馬さんが口にした言葉と言えば、「なにが?」ぐらいだったはず。

それが、やっぱり、日記化されてた、された訳で、それがわたしの挙動不審な終演後(だけ)ではなく、お芝居をしているわたしと、作品についてで、それがすごく嬉しくて、読んでみて、え、わたしそんな難しいことした覚えないんだけどなぁ、なんて思ったりするんだけど、nekootoさん相馬さんが、そう言ってくださるということは、きっと、それは、わたしがそうあるといいなと思ってやっていたこと(またはそれ以上のことが起きていたのか)が、言語化されている、してくれているのではないかと、思います。ありがとう。とても、とてもありがたくて、嬉しかった。ということだけ、もう、お伝えしたかった。

 

えっと、で、今日の日記を書く力がなくなりました。もうこれにて、遡る必要はないのではないかという気がする。

とりあえず今日から『蟹と歩く』作品作りが始まり、わたしは危口さんの不在を理解しつつも、多いに気配を感じながら、とても悪魔らしい作品作りと、アイデアが溢れており、わくわくしている。

 

 

 

 

3.14-1

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 04:59

終ってしまった。

毎日いろんなことがあって、ありすぎるんだけど、あっという間に過ぎてしまった過ぎたことは、もう追いかけられない。けど、少しだけ思い出してみる。

8日、朝岡英輔くんが撮影に来てくれた。彼の顔をみるとホッとする。彼のことがとても好きなので会えるととてもうれしい。通しを見てもらい、ゲネプロを撮影してもらった。体調が悪くてどっちの回もあまりよくはなかったんだけど、帰りに彼に「高山さんがぐにゃってしたらそれで終っちゃうんだよ」みたいなことを言われてそれはその通りで、わたしは迷っていたんだと思う。演じきることが気恥ずかしくて、それを、もうやめることにした。

それはそれで、朝岡くんに撮ってもらった写真が、ほとんど化粧をしてなかったのもある(と思いたいんだけど)、ほんと、クソばばぁとしか言えない姿で、これは、まずい...。あまりにもこの商売をするにあたって夢を与えてなさすぎる。誰も欲しがってないかもしれないけど、とりあえず、明日から化粧はしよう。ブラジャーはしようと誓った。

9日、バイトを入れていたけどやはりやめて、本番のみにした。初日らしい初日を迎えられて、ホッとした。差入にもらった矢野エビスを飲んで、それから三人でインド富士でカレー食べて帰った。久しぶりに小城くんと未来さんに会えて、それと、トイレで佐藤くんに会えて、とても良かった。

10日、二ステあった。あとで書く。

11日、朝から武蔵小山で悪魔のしるしミーティングがあり、わたしのほんとに尊敬している人たちが集まっていた。わたしがこの方たちと、この演目と、どう関わっていけるのか、いくのか、それについて、何もわかってなかったんですけど、この日を境に、理解した。ただただ、良い作品を作る。見に来てくれた人たちみんなに、満足してもらって帰ってもらう作品を作る。のみ。

おいしいジャークチキン弁当を食べて東小金井に向かう。2回。19時半の回で、外で座って待機してたら、左の目のはじから蟹歩きして飛び出してきた人が居て、さやさんだって、大笑いした。さやさんてほんと、不思議。どっから出てきたのー?!わーって二人で大笑いして、本番を迎えた。さやさんがいるとわたしは嘘がつけない。それは演者としてはもう失格かもしれない。でもそれでいいじゃないのと思っている。それが今年の3月11日だった。

もう限界だから、続きはまた、いつか、書けるかな、がんばるぞ。おやすみー。

3.4

  • 2017.03.06 Monday
  • 01:24

目が覚めて、今日台本上がってなかったらどうしようかと考える。さすがに今日はもう欲しいな、書けてないなら今日の稽古は休みにして書いてもらった方がいいのかな、でも言わずにギリギリまで待つことの方が大事なんじゃないか、とかもやもやしてたらLINEが届き、しっかりテキストは添付されていた。ザッと読んでホッとしてまた寝てしまった。暫くして携帯がウィンウィン鳴る。柳生くんから「台本送りました、後で印刷したもの渡します。それと今日の稽古場が和室だったので急ですいませんが家で稽古させてくれませんか?」とのこと。

大泉学園駅から更に北、埼玉県との県境のような場所に柳生くんの家はあった。人の実家に行くのは楽しい。それも一軒家とか、浮かれちゃう。「わざわざすいません」と柳生くんが苺のタルトケーキを買ってくれた。家に着くと愛犬クララが出迎えてくれキャッキャッと遊び、柳生くんが入れた紅茶と一緒にケーキを食べ、食べ終わった頃に柳生くんのお母さまがお寿司を買って帰ってきた。なんでしょこれ。柳生家、太鼓判の良いお家でした!!そして新しいテキストについてあれこれ話し、全体の流れについてビジョンを共有、ようやく頭からお尻がみえた。見に来た人をお腹いっぱいにさせてしまいそうな懸念ありだけど、とりあえずやってみよう。夕方、わたしは幡ヶ谷へ移動し番台の仕事に就いた。帰りにおかみさんにおいしいベリーのパウンドケーキをもらった。今日は美味しい頂きものだらけ、こんな日もあるね。

 

 

3.1

  • 2017.03.03 Friday
  • 04:11

巨大な爆撃音で起こされる。ものすごく体調が悪い。体温は5.8℃。低すぎるわけではない。全身が怠く意識が朦朧とする。目が霞んで次から次へと涙が垂れる。今日は朝から歯医者がある、休みたいがなかなか予約の取れない歯医者でキャンセルすると次は一ヵ月先とかなるし、なんとか起きて向かう。具合が悪いまま麻酔をして更にふらふらする。次は税務署へ向かい、確定申告。列びはしたが2時間ほどで完了。家に帰って事務の後処理をし、30分間横になる。最近具合が悪い時、誰かに何もなければいいと思う。気持ち悪いけど事実、最近そういったリンクが多いのだ。夕方からヒガコプレイスで稽古。まだ身体の感覚がない、どうしようもなく冷える。今この体でやれる限りの確認をする。新しい景色や感情も見えた。これなら出来るだろう。わたしはこの作品とこの登場人物たちを愛せるだろう気がする。そして来てくれた人の前で彼女たちの言葉をしゃべろうと思う。

 

 

これがわたしの鼻の先で行なわれている工事。

 

 

2.28

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 01:15

昨日体操が終わってさやさんと話したことでここ数日わたしを纏う不安や哀しみはわたしのものではないことがわかった。

頭ではわかってはいても”せいり”がつかない、ついていかないんだ。でもこれはわたしの苦しみではない、ないんだ。それをきちっと理解しなくてはいけないことを理解した。

この一月くらいでまた体操教室の取り組み方が変わった。わたしは人に体操を教えるわけじゃない。人の体に直接話しかけていく。それが伝わりフっと軽くなった時わたしの体も同じだけ軽くなるみたい。もう少し続けてやってみたい、また少し変化が起きそうな予感がする。

今日は下北沢でフリーマーケットに参加した。目の前に広がる光景はわたしが持ってないものでそれはわたしが選ばなかったものだった。それをなぜ選ばなかったのか、うまく答えが出せなくて苦しくなる。そしたらお芝居がしたくなった。わたしは舞台の上で自分の姿形をくっきりさせてきたのかもしれない、自分がどんな人間か舞台の上で自分の姿を見ることができるような気がする。急いで稽古がしたかった。そしてようやく稽古をした。まだ取り繕ってるこんなもんじゃない、もっと、もっと、奥にいるわたし、出せるかな、上手に、大事に、出てこい。

 

 

 

2.22

  • 2017.02.23 Thursday
  • 02:40

昼過ぎ、永福町にあるリサイクル自転車作業所へ行った。ここはシルバー人材センターとなっていたから定年した方たちで運営しているのだろう。リサイクル自転車が買えると書いてあったので撤去自転車をそのまま販売しているもんだと思っていたら違った。全部組んで新しい自転車を作っていた。月に3日間だけの販売日、それまでに自転車を組み立て、作り、売っているのだ。おじさんたちすげえ。今日は最終日で「ほとんど売れちゃって、今日これ作ったんだよ、良かったね」と赤と青と茶の三台があった。その中で6段切替が出来るかっこいい赤の自転車を買った。乗り心地最高。永福町から西荻窪まで20分で走った。

帰りしなおじさんたちに「来月もやるから良かったらまた来てね」と言われたけど当分わたし自転車これだけでいいよ。

一旦家に帰り準備をして、幡ヶ谷の仙石湯へ向かう。途中思いきってひとつメール。23時まで番台に座り、お風呂に入らせてもらい帰った。気持ちがずっと落ちつかない。

2.20

  • 2017.02.21 Tuesday
  • 03:27

目が覚めたら布団が重い。暑い。気温がぐっと上がっている。携帯電話がウィンウィン鳴っている、柳生くんから着信だった。今日も稽古を休みにしたいとのこと、寝ぼけた頭でなんて言えばいいのかちょっとだけ考えて、しっかりしてくださいね、というような言葉を返した。窓を開けて洗濯機を回しているうちにまた眠ってしまったのは隣の工事が昼休憩に入り静かになったからだ。

夢の中で風呂屋に来ていた。脱衣所で友人の林香菜ちゃんに会った「この前のインタビュー美人だったよ、かわいかったよ」と伝えると「やったー」と笑った。みんなで風呂場に向かう。先頭に病床だったはずの柳生くんがはしゃいでいたから「柳生くん勝手だねー」って笑いながら言ったところで携帯電話がウィンウィン鳴った。柳生くんだった「さっきライン送ったんですけど、体調良くなってきたんでこれから稽古したいんですけど」わたしはさっきはしゃいでいる柳生くんを見かけたばかりだったからおかしくなって「柳生くん勝手だねー、ってさっき夢の中でも言ったんだよー」って笑いながら言ったら「あ、そうですか、どうもすいません」とあやまられた。

ささっと準備してバスに乗って上石神井の稽古場へ、少し稽古をする。いつも「0」と「A」という人この二人までしか進まない。柳生くんが帰った後一人「D」と「E」という人の言葉を口に出してみた。この二人は駅のホームでお互いがお互いを見ていた人たち、一人で両方やるってのは、なんだか複雑な気分になる。

今週はもう稽古はない。

西荻窪行きのバスに乗って戻る。なんとなく家の前のバス停を通りすぎて駅まで行った。着いたら冷たい雨がどんどん降ってきてさっきバスを降りなかったこと後悔した。雨に濡れて家に帰った。

19時に体操教室へ、今日は友人の椎橋さんが来てくれた。なかなか会う時間が取れなかったので体操に来てくれた。それも埼玉からだ。コンスタントに連絡くれ会っている友人は椎橋さんだけかもしれない。ありがとう。それと久しぶりに来てくれたKさんとAさん3人で体操。終って椎橋さんとどんぐり舎でお茶をした。

2.18

  • 2017.02.19 Sunday
  • 02:02

今週はずっと体調が悪くて熱が出たり下がったり気持ちも浮き沈みを繰り返していた。

たぶんこれは、絶対隣の工事のせい。


満月の日、さやさんからメールが届いた。先月、高円寺の”ぽっけ”でだれかの書いた手紙に返事を書いて、それを朗読してカセットテープに録音したんだけど、そこにさやさんの歌が被さってる音源が添付されてた。「いい、夢、みたいね、いー夢、みたいね」ってさやさんが歌ってる、そこには、わたしとかよさんと桜子さんとあと一人知らない方の手紙の朗読も一緒に録音されていて、言葉は書いた人にしかわからない強さや弱さがあって本人が読むと尚いっそうそれがよくわかる。こんな風に自分の声にさやさんの歌がのってることにも感動した。さやさんありがとう。宝物にする。

おとつい、KAATでアピチャッポン・ウィラーセタクンの「フィーバー・ルーム」を見た。結論だけいうとわたしはいまいちでした。だれかも書いていたけどなんだか普通だった。

今日、昼からの稽古がなくなった。柳生くん体調不良、わたしも体調悪かったら良かった。今のところほとんど稽古らしい稽古はしていない。だいたいしゃべってるだけ、ずーっとしゃべってる。それでいい、イメージがすり合ってれば大丈夫。それだけで大丈夫なんだと思う、大きく外れてなければそれでいいと言ってくれるからわたしは柳生くんと出来ると思っているし向こうもそう思ってくれているのだろうと思う。台本はもうあるから一人で出来ることは全部やっておく、それより先の作業というのが二人でうまくいけばいい、そこがうまく流れていけばいい。

おかげで今日はたくさん寝て工事も土曜日休みだから久しぶりにぐっすり寝てすっきりした。

自転車のパンクはカッターで切られていたことがわかった。夜にカッターでタイヤを切る人の姿や気持ちを考えてしまう。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

twitter

decoyamadecocoをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM