もうそこに居ない人たち

  • 2017.11.23 Thursday
  • 02:05

 

『もうそこに居ない人たち』無事に終演しました。

 

アメリカ文学研究者・翻訳家の柴田元幸さんが感想を送ってくださいました。柴田さんの許可を頂き、

ここに掲載させて頂きます。

 

嬉しすぎて信じられなくてありがたすぎて月まで飛び上がりましたわたし。

 

‥ ‥ ‥ . ... ‥ ‥ ‥ . ... ‥ ‥ ‥ . ... . . . ‥ ‥ ‥ . ... ‥ ‥ ‥ . ... ‥ ‥ ‥ . ... . . .

高山玲子さま

メールありがとうございます。いままで見た一人芝居は渡辺美佐子の『化粧』と、吉行和子の『小間使の日記』と、もう一人たしか入江若葉だったと思うんですが吉原の娼婦をめぐる話で、どれも実力派女優が静かに力を見せつける、みたいな感じで、それはそれで面白かったんだけど、ちょっとでも間違えるとすごく目立つので、なんだか観ていて演技を味わっているというより、俳優が間違えずに喋るのを確認してるみたいな感じがしたのを覚えています。でも『もうそこに居ない人たち』は、言いよどみ、つっかえなどもリアルに盛り込まれているので、間違えた/間違えてない とか考えてもはじまらない(この点ではチェルフィッシュにも通じますね)点がたいへん気持ちよかったです。

なんといっても、一人芝居をめぐる一人芝居(池間さんもしっかり芝居の一部だから正確には「一人芝居 の・ようなもの」ですね)という発想が卓抜で、現実と虚構の線引きがよくわからなくなる(個人的に好きな展開です)という事態をあれだけ自然に徹底した舞台も珍しいんじゃないでしょうか。最後に、同じ人物かどうかもよくわからない女性が母親を訪ねていく場面が入っているのがよかった。なんだか形のことばっかり言ってますけど、誰も見に来ない一人芝居役者の侘しさもけっこうしみじみ浮かび上がったりして、そういうところも惹かれました。池間さんが前半ちょこっと演じるところも巧みだったし、なんといっても後半で素敵な声の歌が話に絡みあうのがよかった。

というわけで、ほんとに面白かったです。ご招待いただきありがとうございました。

2017/10/29 柴田

 

‥ ‥ ‥ . ... ‥ ‥ ‥ . ... ‥ ‥ ‥ . ... . . . ‥ ‥ ‥ . ... ‥ ‥ ‥ . ... ‥ ‥ ‥ . ... . . .

 

そして公演の写真を写真家・朝岡英輔さんに撮影して頂きました。

ぜひご覧ください。

 

『もうそこに居ない人たち』

https://www.flickr.com/photos/reikotakayama/sets/72157661988021018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.10.19 Friday
  • 02:05
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    twitter

    decoyamadecocoをフォローしましょう

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM