12-6

  • 2017.12.07 Thursday
  • 02:29

 

今日はお昼に待ち合わせて浅草のモンティーでご飯を食べた。

連れて行ってくれたのは照明家の中山奈美さん。

奈美さん本当はモンティーのはす向かいにあるオーセンティックというベトナム料理屋さんがおススメだったらしいんだけど、あいにく今日はランチ営業はしてなかった。

二人で、魚貝の春雨炒めとゲーンキョウワンとバミーモンティをシェアして食べる。

ゲーンキョウワンとバミーモンティすっごい辛かった。

辛くしないでと伝えてこの辛さ、どういうこと?胃がキリキリする。12月なのに汗かいて扇風機の風が気持ちいい。

食後は浅草寺にお参りに行き、おみくじを引いたら『大吉』が出た。嬉し!

亀十に列んでどら焼き買って、奈美さんとはここでお別れ。

2時間ほど浅草を散歩する。途中でシードルを1本飲んで、蛇骨湯という銭湯に寄った。

なぜか蛇口の湯も湯船のお湯も茶色い。露天風呂で一緒になった小学生の子に「なんで茶色いのかな?」と聞くと「わかんない、でも今日食べた鰯の飴もこんな色だった」と言われ「え、鰯?鰯の飴なんてあるの!?」さすが浅草っ子はしぶいもん舐めてんなぁと思ったら「鰯じゃない!岩塩!」と訂正された。あぁ、岩塩ね、なるほど、塩ね、塩か、それはあるかもね。

でもどこにもお湯の効能書かれてないから、ただお水が茶色いだけだったりしてなんてね。

浅草線で品川へ出て、東海道線で横浜へ、途中異常音がしたとかで電車が止まる。

乗車率120%ぎゅうぎゅうで立たされたまま待たされると発狂しちゃいそう。

それにわたしはお芝居を観に行く最中なので、このまま動かなかったらどうしようどうしてくれる責任取ってくれるのチケット代払ってくれるの、みたいなことばかり考える。まぁでも動きました。

13分だった、止まってた時間は。今後わたしの満員電車で立たされる限界は13分と定義することにする。

アナウンスによると衝突したのは小動物だったらしい。小動物ってなんだろう、鳥?猫?犬?狸?小動物だったから良かったね、なんてことはないのだけど、でも人身事故だったらこのまま1時間近く待たされただろう、それだけは 絶 対 に 嫌 だから、まぁとにかく運転再開してくれて良かったですと思う。

KAATで『三月の5日間』を観た。のれなかったなぁ、こののれなさはなんなのか、考えてみよう(って、ほんとはもう分かってるんだけど、言わない)。でも初演より戯曲のうまさが際立ってよく見えた。寸分の狂いなく積み上がっていった。めちゃくちゃうまい本だな。当時この作品が小劇場界に核弾頭のようにぶち込まれハレーション起こしちりぢりに散らばって隔世遺伝した子がボコボコと生まれたってことか、すごい作品だということを改めて思い知る岡田利規すげぇのリクリエーション版なのかもしれない。

 

翌日追記:それと、衣装キョンちゃん(藤谷香子)の仕事が凄まじく良かったな。あれは、パーフェクトなんじゃないだろうか。一人づつの役に合せただけじゃなくて、照明、美術、舞台幅、トータルに計算して色や形や素材を選んでいることが客席から見てとれた。

全員があの床のVラインを軸に演出(振り)が付いていたのシンプルで良かったんですけど、あの最初にしゃべる女の子、袖の長いVラインのトレーナー、あれもキョンちゃんらしいおちゃめな仕掛けだなと思ったし、それをいいねとして採用した岡田さんも良いなと思いました。キョンちゃんすごいっす。

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.05.17 Thursday
  • 02:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    twitter

    decoyamadecocoをフォローしましょう

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM