12-12

  • 2017.12.14 Thursday
  • 01:16

 

 

年が明けたら 試聴室に出ます

 

2018年1月7日(日)

 

出演

 

高山玲子
横山彰乃+フジワラサトシ
ネコの影
(戸井安代、伊藤琢矢、不知火庵、並木万実、山我静、ゆっきー、猫村アヤ)

 

op 18:00
st 18:30

 

予約 2500円 (1d+スナック込)

 

神保町試聴室
 

http://shicho.org/2018/01/1event180107/

 

 

わたしは一人芝居をします。

 

歌う、みたいに演劇したい、新曲作る、みたいに芝居作りたいなと思って、

それで歌う人と対バンしたいと思っていたら、試聴室の根津さんが誘ってくれました。

 

歌が一人でどこでも歌えるみたいに、演劇も一人でどこでも演れる。

 

と、思えたのは10月の『もうそこに居ない人たち』で頂いた感想に「演劇はどこででも出来ていいな」とあったことでした。

それはわたしがずっと、音楽をやってる人に、いいないいなとぼやいていた口癖だったんで、あれ、わたしいつの間にか出来てた、びっくり!みたいな感じです 笑。

 

そして、歌が歌う人の数だけみんな違うように、俳優がそれぞれ芝居を作れば、その数だけ多様で個性的な作品ができるはず。

それはまた作家が書いて、演出家が演出したものとは違う俳優の面白さだろうし、面白くなくてもいいし。

要は、音楽家がデモテープ作ったり、デザイナーがポートフォリオ持ち歩いてるように、俳優も自分の作品を持っていたら、いつでも自分プレゼンできるじゃない。呼ばれないとお芝居出来ないのもったいないから、その時間で一人芝居作ったらどうでしょう。という提案だったりもします。

 

わたしの来年の目標は、好きな音楽家とばんばん対バンすること、音楽と音楽の間に演劇を挟む。
音楽を聞きに来た人たちに、流れる同じ時間の中で演劇を楽しんでもらいたい。
 

そして、演劇面白いね、ってなったら、どんどん俳優個人の仕事も増えるわけだし、すごくいいと思う。

というわけで、俳優の未来のためにも、がんばります。
1月、神保町の方の試聴室に、ぜひー。

 

 

 

そして、2月は『ゴースト ライター』という作品を発表します。
来年のすべてはここにかける意気込みの作品なんで、また近々、全力でお知らせします!

 

 

TPAM フリンジ

blanClass Anthology #3

 

『ゴースト ライター』

 

構成 高山玲子

出演 高山玲子+荒木悠+参加者

撮影 福井琢也

 

2.10 sat 19:30

2.11 sun 16:00

 

https://www.tpam.or.jp/program/2018/?program=blanclass-anthology-no3

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.07.14 Saturday
  • 01:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    twitter

    decoyamadecocoをフォローしましょう

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM