3-6

  • 2018.03.06 Tuesday
  • 04:35

 

思い込むことでその世界をどんと作り出してしまう事ができる。

ひとつ大きく作ってしまうとなかなか出られない。

それでもそこは思い込みでしかないから現実が確かな(思い込みとは違う)応えを返した時そこで誤作動が起る。

そこでどういった処理を行なうかといえば、忘却だ、暴力的なまでの放り投げ、ひきちぎって捨てる。

俳優という仕事はそれの繰り返しでもあったから人より上手に出来るかもしれないけど、その回数が多くて捨てきれなかった(捨てられる事を拒んだ)ちりが溜ってたまに悪夢になって踊り出す。

どれが本当のことか、正しさとはなんだろう、これはだれの感情だ、わたしとはなんだ。

思い込みの中だけでは生きられない。

だれかにこれはいる、いらない、こうしなさい、必要ない、今日はこれを食べて、この曲を聞いて、この本を読みなさい、全部決めてもらえたらいいような気もする。

今が20年前の春ならいいのに、どうしてこんなに歩くのが遅いんだろうか、もうだれも居ないじゃないか。

正しくないと分かっていることに惹かれる、直進しながら逆走を計る心のエネルギーに逆らえない。

けど去年の春に決めたこと、わたしはなにも欲しがらない、求めない、ある物を受け入れ、与えられた物を大切に、真摯に取り組む。

 

 

しゃっくりが止まらない。

 

スポンサーサイト

  • 2018.07.14 Saturday
  • 04:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    twitter

    decoyamadecocoをフォローしましょう

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM