3.18

  • 2017.03.20 Monday
  • 02:43

”今日は一日静かにゆっくり危口さんのことを思い出していた。いい思い出もたくさんあるが吹き出すようなどうしようもないものも多いむしろ多い。それも含めてわたしは彼のことが大好きでした。彼に会えたわたしは本当にラッキーです。危口さんありがとう。ありがとね。”


とツイッターに書いた。


では、もう少ししたら倉敷へ移動します。

『蟹と歩く』いま、興奮してるからきっといいものになると思う。お待ちしてますね。










危口さんとのよくわからない連写。なんだか不思議でお気に入りの写真です。

3.4

  • 2017.03.06 Monday
  • 01:24

目が覚めて、今日台本上がってなかったらどうしようかと考える。さすがに今日はもう欲しいな、書けてないなら今日の稽古は休みにして書いてもらった方がいいのかな、でも言わずにギリギリまで待つことの方が大事なんじゃないか、とかもやもやしてたらLINEが届き、しっかりテキストは添付されていた。ザッと読んでホッとしてまた寝てしまった。暫くして携帯がウィンウィン鳴る。柳生くんから「台本送りました、後で印刷したもの渡します。それと今日の稽古場が和室だったので急ですいませんが家で稽古させてくれませんか?」とのこと。

大泉学園駅から更に北、埼玉県との県境のような場所に柳生くんの家はあった。人の実家に行くのは楽しい。それも一軒家とか、浮かれちゃう。「わざわざすいません」と柳生くんが苺のタルトケーキを買ってくれた。家に着くと愛犬クララが出迎えてくれキャッキャッと遊び、柳生くんが入れた紅茶と一緒にケーキを食べ、食べ終わった頃に柳生くんのお母さまがお寿司を買って帰ってきた。なんでしょこれ。柳生家、太鼓判の良いお家でした!!そして新しいテキストについてあれこれ話し、全体の流れについてビジョンを共有、ようやく頭からお尻がみえた。見に来た人をお腹いっぱいにさせてしまいそうな懸念ありだけど、とりあえずやってみよう。夕方、わたしは幡ヶ谷へ移動し番台の仕事に就いた。帰りにおかみさんにおいしいベリーのパウンドケーキをもらった。今日は美味しい頂きものだらけ、こんな日もあるね。

 

 

3.1

  • 2017.03.03 Friday
  • 04:11

巨大な爆撃音で起こされる。ものすごく体調が悪い。体温は5.8℃。低すぎるわけではない。全身が怠く意識が朦朧とする。目が霞んで次から次へと涙が垂れる。今日は朝から歯医者がある、休みたいがなかなか予約の取れない歯医者でキャンセルすると次は一ヵ月先とかなるし、なんとか起きて向かう。具合が悪いまま麻酔をして更にふらふらする。次は税務署へ向かい、確定申告。列びはしたが2時間ほどで完了。家に帰って事務の後処理をし、30分間横になる。最近具合が悪い時、誰かに何もなければいいと思う。気持ち悪いけど事実、最近そういったリンクが多いのだ。夕方からヒガコプレイスで稽古。まだ身体の感覚がない、どうしようもなく冷える。今この体でやれる限りの確認をする。新しい景色や感情も見えた。これなら出来るだろう。わたしはこの作品とこの登場人物たちを愛せるだろう気がする。そして来てくれた人の前で彼女たちの言葉をしゃべろうと思う。

 

 

これがわたしの鼻の先で行なわれている工事。

 

 

2.28

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 01:15

昨日体操が終わってさやさんと話したことでここ数日わたしを纏う不安や哀しみはわたしのものではないことがわかった。

頭ではわかってはいても”せいり”がつかない、ついていかないんだ。でもこれはわたしの苦しみではない、ないんだ。それをきちっと理解しなくてはいけないことを理解した。

この一月くらいでまた体操教室の取り組み方が変わった。わたしは人に体操を教えるわけじゃない。人の体に直接話しかけていく。それが伝わりフっと軽くなった時わたしの体も同じだけ軽くなるみたい。もう少し続けてやってみたい、また少し変化が起きそうな予感がする。

今日は下北沢でフリーマーケットに参加した。目の前に広がる光景はわたしが持ってないものでそれはわたしが選ばなかったものだった。それをなぜ選ばなかったのか、うまく答えが出せなくて苦しくなる。そしたらお芝居がしたくなった。わたしは舞台の上で自分の姿形をくっきりさせてきたのかもしれない、自分がどんな人間か舞台の上で自分の姿を見ることができるような気がする。急いで稽古がしたかった。そしてようやく稽古をした。まだ取り繕ってるこんなもんじゃない、もっと、もっと、奥にいるわたし、出せるかな、上手に、大事に、出てこい。

 

 

 

2.22

  • 2017.02.23 Thursday
  • 02:40

昼過ぎ、永福町にあるリサイクル自転車作業所へ行った。ここはシルバー人材センターとなっていたから定年した方たちで運営しているのだろう。リサイクル自転車が買えると書いてあったので撤去自転車をそのまま販売しているもんだと思っていたら違った。全部組んで新しい自転車を作っていた。月に3日間だけの販売日、それまでに自転車を組み立て、作り、売っているのだ。おじさんたちすげえ。今日は最終日で「ほとんど売れちゃって、今日これ作ったんだよ、良かったね」と赤と青と茶の三台があった。その中で6段切替が出来るかっこいい赤の自転車を買った。乗り心地最高。永福町から西荻窪まで20分で走った。

帰りしなおじさんたちに「来月もやるから良かったらまた来てね」と言われたけど当分わたし自転車これだけでいいよ。

一旦家に帰り準備をして、幡ヶ谷の仙石湯へ向かう。途中思いきってひとつメール。23時まで番台に座り、お風呂に入らせてもらい帰った。気持ちがずっと落ちつかない。

2.18

  • 2017.02.19 Sunday
  • 02:02

今週はずっと体調が悪くて熱が出たり下がったり気持ちも浮き沈みを繰り返していた。

たぶんこれは、絶対隣の工事のせい。


満月の日、さやさんからメールが届いた。先月、高円寺の”ぽっけ”でだれかの書いた手紙に返事を書いて、それを朗読してカセットテープに録音したんだけど、そこにさやさんの歌が被さってる音源が添付されてた。「いい、夢、みたいね、いー夢、みたいね」ってさやさんが歌ってる、そこには、わたしとかよさんと桜子さんとあと一人知らない方の手紙の朗読も一緒に録音されていて、言葉は書いた人にしかわからない強さや弱さがあって本人が読むと尚いっそうそれがよくわかる。こんな風に自分の声にさやさんの歌がのってることにも感動した。さやさんありがとう。宝物にする。

おとつい、KAATでアピチャッポン・ウィラーセタクンの「フィーバー・ルーム」を見た。結論だけいうとわたしはいまいちでした。だれかも書いていたけどなんだか普通だった。

今日、昼からの稽古がなくなった。柳生くん体調不良、わたしも体調悪かったら良かった。今のところほとんど稽古らしい稽古はしていない。だいたいしゃべってるだけ、ずーっとしゃべってる。それでいい、イメージがすり合ってれば大丈夫。それだけで大丈夫なんだと思う、大きく外れてなければそれでいいと言ってくれるからわたしは柳生くんと出来ると思っているし向こうもそう思ってくれているのだろうと思う。台本はもうあるから一人で出来ることは全部やっておく、それより先の作業というのが二人でうまくいけばいい、そこがうまく流れていけばいい。

おかげで今日はたくさん寝て工事も土曜日休みだから久しぶりにぐっすり寝てすっきりした。

自転車のパンクはカッターで切られていたことがわかった。夜にカッターでタイヤを切る人の姿や気持ちを考えてしまう。

2.8

  • 2017.02.09 Thursday
  • 02:56

 

今日もうるさくて目が覚める。しかし10時半頃から早い昼休憩に入るみたいで1時間作業が止まる。それに合わせてもう一度寝る。午後休明けわたしも起きて掃除洗濯。正月に頂いたお餅を食べようと袋から出したらカビが生えていた。

今日は夕方から稽古の予定だったが会場のヒガコプレイスを見学・稽古ができるようになったらしく東小金井に20時集合になった。時間がたっぷりある。うれしい!猫とごろごろしたり台本読んだりする。

夕方吉祥寺で「ドクター・ストレンジ」を観た。ティルダ・スウィントンの美しさとベネディクト・カンバーバッチのハスキー犬のような目、たまらない。あれだけCGや合成使っているにも関わらずちゃんと人間味が損なわれない、さすがスパイダーマンを生んだMarvel Studios、さいこー。来週も観に行ってしまいそう。

その後、会場のヒガコプレイスで稽古。今回ヒガコプレイス担当制作の荒木さんは柳生くんの高校の同級生だそうで、二人で話してると姿がとてもかわいい。あとちょうど一ヵ月、楽しくできそうな気がしています。みなさんぜひ見に来てくださいね。

女の子には内緒『ささやきの彼方』3/9〜14 

http://niha-naisho.tumblr.com/tagged/news

吉祥寺から自転車に乗って帰ろうとしたら前輪も後輪もパンクしてた。完全に悪意だと思う。家まで自転車を引いて帰る。もうそろそろ買い替えの時期だったし、新しいの買おうかな。

 

2.7

  • 2017.02.09 Thursday
  • 02:20

今朝も朝から地雷のような音と揺れ、寝れない。

午後は知人に連れられ、すてきなヘアメイクNさんのご自宅で髪の毛を切ってもらう。

Nさんのお腹の中には双子の赤ちゃんがおり、5ヵ月なのにかなり大きい。「一人出来たら良いなくらいに思ってたら突然双子って、何が起きるかわからないもんだよ」というような話をして、何が起きるかわからない、子どもは特にそうだろうな、もう自分の好き勝手生きることも出来ないだろうし、ガラッと人生変わるんだろうな、自分が欲しいかもわからないけど、現状無理そうだな、とかいろいろ考える。誰にも聞かれてない。伸びっ放してた毛先を整えてもらい、前髪も少し切ってもらった。ゆっくり話ができた、良い時間だった。その後わたしは銭湯の番台へ、今年に入ってパタッと来なくなったおばあさんが付き添いの方とお風呂に来てくれた。年末に手を骨折して入院していたそうだ、ホッとして涙が出た。本当に良かった。

1.7

  • 2017.01.09 Monday
  • 03:43

昼から今年の初体操教室。

そう、わたしは去年から体操教室を始めました。おかげさまで繰り返し来て頂けたり、行ってみたいと声をかけて頂いたり、とてもありがたくうれしいです。細く長く続けていけたらと思っています。今年から土曜の昼クラスも増やしてみようと今月は2回スケジュールを組んでみたが、実際一人も来なかった。いやもう予想はしてた、1月7日の昼にわざわざこんな駅からも遠い集会所を目指して体操にくる人はいないでしょう。今日は自身の為の体操初め、和室の障子を開け自然光の中で一人で体操をした。更に持ち歩いてた台本を読んでみたり頭もややすっきり。

夕方は楽しみにしていた知人と食事。場所は恵比寿のラム専門店、ラムのタタキやラムチョップが臭みもなく噛むほどに甘くて美味しい。ってグルメレポートみたいな事書いてしまった。2軒目は正面にドーンと大っきなスピーカがあるバー。JAZZのライブ版レコードが大音量でかかっていて音が空気を伝ってビリビリと体にくる。以前も似たようなバーに連れて行ってもらったことがある、その時もこんな場所があるのかぁと衝撃を受けたけど、客はだいたい一人で来ている30代から40代の男性、音楽をつまみに音を噛み締めるように酒を飲んでいる。普段バーなど行かないわたしはこういう場所に来ると体だけポツンとここにあるような不思議な心地がする。そうそうわたし山下達郎のライブに行ってみたいんですよね、と話しをしたら店主さんの計らいでしょう、あれは「JOY」かな、レコードがかかった、小さなバーに達郎光臨、毛穴が開いて産毛がブワッと立った。

1.6

  • 2017.01.07 Saturday
  • 03:31

朝からバイト、こちらは去年の11月中頃から働いている全て職人さんによる手作りの食品を製造販売しているお店。去年ネット通販のバイトが辛すぎて逃げるように辞めた後こちらの店先に張ってあった求人募集のビラを見て面接を受けたのですが、その時の話しを少しすると、もちろん面接だし履歴書を用意して行った訳です、社長は顔を合わすなり、「明日から好きな時間に来てください...お酒は飲みますか...?(お酒)なにが好きですか...?普段はどこのお店に(飲みに)行きますか...?今度一緒に(飲みに)行きましょう...」履歴書なんてこれっぽっちも見やしない、この人酔っぱらってる?大丈夫?と不安になり、働いていいものか10日ほど悩み、最終的に勤務日数、時間を短縮して様子を見ながら働き始めました。ところが働き始めるととても居心地がよい(笑)、社長は酔っていた訳ではなく、ただのこの街特有の自由な職人気質(やや変人)でした。なぜなら彼の仕事はきちっと丁寧で出来上がるものがとても美味しい。そんなことで今年も継続して働くことになりました。

わたしは現在、番台と上記店とタイ料理屋、3つのアルバイトをしている。どこのお店もある種クセはあるけど仕事に対する姿勢が真摯で尊敬できる。わたしは昔からややクセのある天才気質な人を見つけるのが上手、そしてなぜかとても馬が合う。今この3つで働いている事に満足している。役者をやりながらこれからも手伝っていけたらといいなと今はそう思っている。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

twitter

decoyamadecocoをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM